お金

利息を返してもらう

貸金業規制法が施行される前の払いすぎていた金利を業者から返してもらおうという請求が、過払い金返還請求になります。この請求を弁護士に依頼して行う人が福岡でも多くなっています。かかってくる費用は弁護士により違いますので、費用があまりかからない弁護士に依頼することで、より多くの返還を受けることができます。

おもちゃ

弁護士に相談しましょう

交通事故では後遺障害が残る場合があります。後遺障害が残るようなケガの場合には、相手側の保険会社が治療費の支払いを渋ることが少なくありません。そのような場合は弁護士にすぐに相談しましょう。弁護士に相談すれば正当な賠償金を請求してくれるほか、不当な示談交渉に対しては毅然とした対応をしてくれます。

借金苦からの解放

相談

いくら必要なのか

自己破産は裁判所に申し立てをして借金の支払いが出来ない事を認めてもらうことです。この時に免責許可を得ることができれば、以後は借金の支払いを免除してもらうことができます。自己破産を行う時には収入印紙代や郵便代、予納金などの費用が必要になります。予納金とは裁判所に納めるお金のことで、現在所有している財産がどの程度あるかで違ってきます。財産がほとんどない場合には同時廃止といって予納金は1万〜3万円程度ですみますが、財産が多い場合には少額管財事件もしくは管財事件となり、管財事件の場合には最低50万円、少額管財事件の場合には20万円からとなります。その他にも弁護士や司法書士に依頼すればそういった費用も必要となります。弁護士や司法書士に依頼せずに自分で自己破産手続きを使用とする人もいますが、専門家に依頼した方が早く手続きを終えることができます。また財産を多く所有している場合には個人で自己破産手続きを行うと管財事件となり多くの予納金を納めなくてはいけませんが、弁護士に依頼することで少額管財事件になることがあり予納金を減らせます。また専門家に依頼して自己破産手続きを始めることで、債権者との交渉を任せられるだけではなく借金の返済や督促を停止してもらうこともできます。自己破産手続きを依頼する場合には弁護士なら20万〜40万円、司法書士の場合には15万〜30万円程度の費用がかかります。費用に差があるのは司法書士が書類作成代理を行うのに対して、弁護士は本人の代理として全ての手続きを行う為です。

割れたハート

弁護士に相談しよう

不倫をして離婚ということになった場合、弁護士に相談しましょう。慰謝料などの金銭的問題を見事に解決してもらえます。また、埼玉在住なら埼玉の弁護士に依頼しましょう。何度もやりとりをするので、近場の方が何かと便利です。