弁護士に相談しましょう

おもちゃ

歩行中などに不幸にして交通事故にあった際は必ず病院で診察を受けましょう。ほとんど接触もしておらず軽く転んだだけと思っていても、交通事故の場合にはあとから首や腰などに痛みが現れることがあります。とくに車との接触によるケガは後遺障害が残ることもあるので軽視は禁物です。交通事故の被害にあったときは相手の保険会社を通じて示談交渉を行ないます。自動車と歩行者の事故の場合は原則として自動車側の過失が大きくなるので、事故によってケガをした場合は相手側に治療費の大部分を請求できます。しかし後遺障害が残るようなケースではしばしばトラブルになることがあります。交通事故の際には保険会社はまず自賠責保険を通じて損害補償金を支払います。この自賠責保険は加害者が加入する保険会社が補償金を支払うわけではないので、請求すればすぐに支払ってくれますが、限度額を超える額になると保険会社が賠償金を負担しなくてはならなくなるため態度を硬化させることが多いのです。後遺障害によって日常生活に支障が出ているにもかかわらず、再三にわたって保険会社から示談成立を迫られると精神的にも参ってしまいます。もしこのような不当な要求を保険会社から受けた際は弁護士に相談しましょう。弁護士に相談すれば被害者の代わりに保険会社と交渉を行ってくれます。後遺障害がある場合には正当な補償金をしっかりと請求してくれるほか、保険会社の不当な示談請求には訴訟も視野に入れた対応を行ってくれます。